ワーファリンコントロール

ドクターズ・ファイル

診療案内

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

ワーファリンとは

ワーファリンコントロール

心臓や血管に疾患がある場合、血液が固まりやすい状態になることがあります。それを防ぐためにビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくするのがワーファリンというお薬です。
ビタミンKは、肝臓で血液が固まるのに必要な物質を作るために働きます。ワーファリンは、これを抑えることで、血液を固まりにくくしています。この肝臓の働きの強さは、患者さまによって様々ですので、ワーファリンの量も、患者さまによって異なります。

当院では患者さまの状態を把握して、服用するワーファリンの量を適切に判断するワーファリンコントロールを行っています。

ワーファリンが必要な疾患

心房細動、心臓弁膜症で、心臓手術を受け、人工弁の置換術を行った方は、 ワーファリンによる抗凝固療法が必要となります。

食生活における注意点

ワーファリンを処方されている間は、普段の食事習慣を変えないようにして、バランスのとれた食事をすることが大切です。

一緒に飲む時に注意が必要なお薬

薬の中には、ワーファリンと一緒に飲むとワーファリンの作用を強めたり、逆に弱めたりするお薬もあります。薬剤の服用が必要な場合は、血液の固まる時間などを検査してワーファリンの量を調節します。自己判断で勝手にお薬を飲むのをやめたりすることは絶対にしないでください。

生活上の注意